the Flying Keg

FLYING KEG新ネタ情報Vol.04 2003/03/14
”Brasserie Brunehaut”

(((((((((((( NEW BEER )))))))))))))))))))))))))))))))

今回は、ベルギー・エノー州にあるブリュノオ醸造所に関係するビールのお知らせです。

ブリュノオと言うビールをご存知の方は、当店ではかなり古株のお客様です。ここでブリュノオ醸造所についてご紹介しておきましょう。

%%% Brasserie Brunehaut / ブリュノオ醸造所 %%%%%

ブリュノオ醸造所はベルギーに首都ブリュッセルから車で1時間ほど南西に行ったエノー州のギグニという町にあります。

そこはかつて「アラード グリテンブリュ醸造所」という醸造所だったのですが、ブリュッセルビール学校卒業後、ハイチ、アフリカでビールをつくっていたギ・バルシェール夫婦がベルギーに戻ってきて名前を「ブリュノオ醸造所」に変更し、そこでブリュノオはつくられています。

この醸造所では彼ら夫婦を含めて数名の従業員で製造から出荷までの全工程を行なっています。
このビールの年間生産量のうち80%はエノー州で消費されています。
「ブリュノオ」のビールは地下水のきれいな町にある少量生産の醸造所(マイクロブルワリー)らしく、麦、ホップ、水の旨みを最大限に引き出したビール本来の味というものにこだわり続けています。
また、ラベルに関しても紙は再生紙を使い、ラベルを貼る際に使う糊、プリントする際に使うインクも地下水への配慮から害の無いものを使用しています。
そのこだわりは「ビールは大地の恵みである」という姿勢を頑なまでに持ち続ける彼らなりのオマージュとなり、その姿勢からつくられているビールがブリュノオなのです。

****サン・マーティン****

ブリュノオ醸造所の新製品です。

ブリュノオ醸造所のビールは全体的にさっぱりしており、香り・甘みもさほど強くなく、ブロンドタイプのベルギーエールを好む人達からするとちょっと物足りないビールでしたが、このサン・マーティンは香りも華やかでブリュノオ醸造所の今までのビールからするとボディもあり、とてもバランス良く仕上がっています。
これから春先に向けて美味しく味わえるビールです。

***** ラメ *****

以前、ブリュノオ醸造所のラインナップにラメというアンバーで美味しいビールがありました。
5年ほど前には当店でも扱っていたのですが、後に何故か醸造されなくなりました。
今回めでたく復活となったのですが、醸造しているのはブリュノオ醸造所ではなくラメ醸造所で、どうやらラメという1つの銘柄が醸造所として独立したようです。
ブリュノオ時代のラメは1種類だけでしたが、今回からのラメはブロンドとブラウンの2種類で、どちらも味と香りのバランスのよくとれた美味しいビールです。

まだまだ寒い日が続きますが、是非飲みにいらしてください。

#############################
THE FLYING KEG 新ネタ情報
----------------------------
phone (075)701-0245
http://keg.boo.jp/
##############################