the Flying Keg

FLYING KEG新ネタ情報Vol.17 2004/09/08
”Andechs,Morland ”

*****************************

今回の新ネタはドイツの修道院で造られているビールと、イギリスのペールエールです。

   Andechs  アンデックス

ミュンヘンの南西にアンマーゼーという湖があり、都心に近いこともありリゾート地として観光客が多く訪れる場所で、ここから南に車で15分ほど行くとアンデックス修道院があります。

ここは「聖なる山」と称号を与えられたベネデクト派の修道院で標高700m余りの所に位置し、天気の良い日には見晴らしが良くハイキング目的で多くの人々が訪れます。

修道院自体は600年以上の歴史があり、ビールを醸造する修道院としては1455年の文献に登場しているので、実に500年以上の醸造の歴史を有していることになります。

トリビア的な知識としては、鴎外の「独逸日記」にも登場する修道院です。
1886年4月18日の頁に記されていますので、興味のある方は調べてみてください。

アンデックス修道院にはレストランも併設されており、ここでは出来立てのビールが味わえます。

レストランの入り口には、“歌ったり騒いだりしてはいけません”と書かれているそうですが、実際は・・・・
やっぱりお酒が入るとね、なかなか難しいようです。(;^_^ゞ

////////////////////////////////////////

 Andechs Dunkles Weissbier  アンデックス デュンケルヴァイスビア

アンデックス修道院で造られているヴァイス(小麦)ビールです。デュンケルはダーク(Dark) にあたる言葉で、濃色の小麦ビールです。

ババリア地方の濃色小麦と大麦麦芽で造られるビールで、修道院に古くから伝わる醗酵桶でゆっくりと醗酵させています。酵母をろ過せずに瓶詰めされているのでロースト香の中にホップの香りと味か感じるビールです。

////////////////////////////////////////

 Andechs Dunkel アンデックス デュンケル

大麦で造られるダークビールです。もともとこのバイエルン地方では古くからデュンケルビールが造られています。
これは、この地方の水が硬水で、この硬水がデュンケルビアの醸造に適しているからだそうです。

厳選されたローストモルトを使用した、ビロードのようなキメの細やかな仕上がりのやわらかなビールです。

////////////////////////////////////////

 Andechs Doppelbock Dunkel アンデックス ドッペルボック ディユンケル

アンデックス修道院がつくるスペシャル・ビールで一番濃厚なタイプのもので、バイエルン地方のダークモルトのみを使用して造られる伝統的なビールです。

大麦モルトから造られた下面醗酵の強いビールを指すドイツ語にボックという言葉がありますが、これはドッペルボック。つまりダブルボックです。

*********************

  MORLAND Brewery   モーランド醸造所

イングランド東部、オックスフォードの南10kmのところにアビンドンという中世からの町があります。ここは、テームズ河がゆったりと流れる中世以来ののんびりとした町で、そこにモーランド醸造所があります。

英国車の好きな方ならアビンドンという名に覚えがあるかも。英国車メーカーで有名なMG社のあるところです。ローバーをつくっている会社と言ったほうが解り易いかも知れません。

モーランド醸造所の隣にはかつてMG社の工場があり、MG社の社員やエンジニア達は仕事帰りにそこでビールを楽しんでいたそうです。

1927年にMG社が限定モデル車を発表した際、モーランド醸造所はMG社に対し自社製造のエールビールの一銘柄に限定モデル車にちなんだ名前を付けることを提案しました。

MG社はこれを快諾し、限定モデル車の車体カラーがゴールドをベースにした美しい 斑模様 (Speckled)仕上げだったことから、Old Speckled Hen という名前のビールが誕生しました。

このビールは1896年から使われている酵母菌を大切に使い続け、ペールモルトとクリスタルモルトをベースに醸造されるペールエールです。

日本でペールエールといえば、アサヒビールが輸入しているバスペールエールが有名ですが、これに比べるとフルーティーなアロマがあり、トフィーキャンディを思わすあと味がかすかにあります。

トフィーキャンディ・・・? これはバターと砂糖を煮詰めてつくるキヤラメルのようなキャンディの事で、ピールのテイスティングの表現には良く使われます。主にイギリスやドイツのローストされた麦を使って造るビールに感じられるフレーバーですね。

台風や地震など気の抜けない気象状況が続いていますが、酔っ払えばね〜どうせフラフラするんだし、あまり気にせず皆さん、飲みにいらしてください。 (^^)/~~~

#############################
THE FLYING KEG 新ネタ情報
----------------------------
phone (075)701-0245
http://keg.boo.jp/
##############################