the Flying Keg

FLYING KEG新ネタ情報Vol.21 2005/04/12
”Aecht Schlenkerla Rauchbier ”

こんにちは、KEGです。

大変お久しぶりの『新ネタ情報』と、申しますか2005年度始めての新ネタ情報です。申し訳ございません。

気が付けばはや4月。桜も咲き終わり、ビールのおいしい季節となりました。

今回は18世紀からドイツの北バヴァリア、ハンベルグに伝わるラオホ・ビールのご紹介です。

独特のスモーク香があることから、『燻製ビール』とも訳されています。

一般的なビールの醸造過程は、まず麦に水分を与えて発芽さし、それを乾燥さして粉にして炊き込み麦汁をつくるのですが、普通はこの水分を含み発芽した麦を乾燥さす手段として室温を上げたり温風を送り込んだりして乾燥させます。

しかし、ラオホ・ビールの場合は湿らせたブナの丸太を燃やしてその薫煙で麦芽を乾燥させます。

その為乾燥後の麦芽には独特なスモーク香が感じられます。この薫煙麦芽と下面醗酵酵母を使い低温発酵、低温熟成させたビールがラオホ・ビールです。

スコットランドのアイラ島で蒸留されているラフロイグやアードベック、ボウモア、ラガヴーリンなどのアイラ・モルトと呼ばれるスコッチウイスキーをを飲まれたことのある方はそれを想像してみてください。

アイラ島のスコッチは、島で採掘される海の香りがたっぷりとしみ込んだ泥炭で麦芽を燻して乾燥させるので、出来上がったスコッチは磯の香りがします。

ラオホ・ビールの場合は、この泥炭の代わりにブナの丸太を燻して乾燥させる訳で、かなり共通するフレーバーがあります。

ただ、独特のフレーバーが付くので、誰もが飲んでいきなり「おいしい!」と思える物ではありません。(アイラ・モルトもそうですよね。)

幾つかの本には「1本や2本飲んだだけではわからないビール」ですとか、「ラオホを知るには5リットル飲まないと・・・」などと書かれてました。

でも、間違いなく言えることは、アイラ・モルトの好きな人は、ひと口で気に入るビールです。

今回ご紹介する『シェレンケルラ・ラオホビア』は以前から日本に不定期ながら輸入されていたビールだったのですが、輸入をしていた会社がディスカウント専門の業者だった為、商品のコンディションにムラがあり、とても紹介出来る物ではありませんでした。

しかし、今回より正規輸入元が決まり、リーファー・コンテナ(定温コンテナ)で輸入されるようになりました。 めでたい!

//////////////////////////////////////////////////

エヒト・シェレンケルラ・ラオホビア Aecht Schlenkerla Rauchbier
エヒト・シェレンケルラ・ラオホビア

ドイツ南部・9世紀からの歴史の古いバンベルグ(BAMBERG)は、旧市街地がすべてユネスコ世界文化遺産に指定されており、「ちいさなベニス」と呼ばれる大変美しい街です。

この街でのみ醸造されるラオホ(=ドイツ語で煙の意)・ビアの中でも代表的な存在が、このシェレンケルラです。

1678年からの歴史を持つヘラー醸造所は、現在は5代目によってその伝統が受け継がれ、現在もモルト作りから醸造に至るまですべての工程で手間ひまをかけて歴史と伝統がその風味のなかに活かされています。

燻製ビールと言われる通り、いぶしたようなスモーキーな独特の香りが口にひろがり、それが不思議とすっきりとした味わいで飲む程に口に馴染み、一旦好きになると病みつきになるほどの魅力があります。

シェレンケルラのラオホ・ビアは、大麦麦芽の焙煎に3年間寝かせて乾燥させた地元フランケン地方の森のブナを燃料に使い、1日以上かけて燻します。

何故、麦芽を燻したのかは、その昔ビールを醸造していた修道院が火事になり、麦芽が煙でくすぶり茶色く変色したのですが、捨てるのが忍びなくてそれを使ってビールを醸造したところ、今までに味わった事のないビールができました。
これがラオホ・ビアの始まりだそうです。

糖化作業からホップを加えて麦芽煮沸まで8〜9時間、4〜5日かけて下面醗酵させ、熟成に2ヶ月、その後樫の木の樽で寝かされてから瓶詰めされます。

シェレンケルラの語源は、フランケン地方の古い言いまわしで『千鳥足』。
昔、ある1人の修道士がビールを飲み過ぎて風変わりな歩き方をしていてそう呼ばれた事に由来し、その姿は王冠のデザインとなっています。

かなり個性の強いビールですが、興味のある方は是非、飲みにいらしてください。 (^^)/~~~

#############################
THE FLYING KEG 新ネタ情報
----------------------------
phone (075)701-0245
http://keg.boo.jp/
##############################