the Flying Keg

FLYING KEG新ネタ情報Vol.25 2005/09/21
”オクトーバーフェスト・ビア”

こんにちは、KEGです。

暑かった夏も終わり、もうお彼岸。9月18日は天候に恵まれ、十五夜お月さんがまんまるできれいでした。

夏場はさっぱりとしたビールがおいしいですが、これからの季節はゆっくりと味わえるビールが美味しい季節ですね。

少し早いですが、今回はドイツで行なわれる10月のビール祭、『オクトーバーフェスト』にちなんだビールの御紹介です。

ビールに興味のある方なら『オクトーバーフェスト』という言葉ぐらいは聞き覚えがあるかも知れません。

古くよりバイエルン王家は、バイエルン地方の文化に非常に大きな影響をあたえてきました。現在では、単に「ビール祭」と思われているオクトーバーフェストも、そもそもは王家の結婚式が始まりでした。

ルードヴィッヒ2世の祖父であり、後にルードヴィッヒ1世に即位するバイエルン皇太子と、王女テレサの結婚式が1810年の10月12日におこなわれました。

現在のミュンヘン中央駅近くの会場は42ヘクタールもある広さで、王女テレサの名にちなみ「テレージェン ヴィーゼ」(テレサの草原)と命名され、この結婚式が第1回のオクトーバーフェストとなり、その後このテレージェン ヴィーゼで世界最大のビール祭が毎年開催されています。

現在のオクトーバーフェストは9月の第3土曜日から2週間開催され、最初の日曜にはパレードがあります。これは、王家の結婚式のパレードを受け継いだもので、ミュンヘンのすべての醸造業者や市長も参加します。

会場となるテレージェン ヴィーゼには在ミュンヘンの醸造所がテントを張って多くの仮設ビアホールが出現します。

ただ、「テントを張った仮設ビアホール」といってもとんでもなくデカいんです!

木下大サーカスが3つも4つも入ってしまうようなとんでもない規模のもの。1番大きいものはホフブロイ・ブルワリー(国営)のテントでなんと、1万席以上の規模!!

世界最大のビール祭といわれるだけに、その飲食の量もハンパではありません!

ミュンヘン観光局の統計によると2週間の開催期間中に、訪問客約690万人、ビールの消費量640万リットル、ローストチキン68万羽、牛94頭、2本1組のソーセージが11万食・・・。

これ以外にも縁日のような感じで、あちこちにプリッツエルやソフトドリンクを売る屋台がたくさん出現するので、それらを合わせるととんでもない数字になります。

オクトーバーフエストで飲まれるビールは主に「メルツェン(3月)」と呼ばれるビールで、3月に仕込まれます。

ラガー、ピルス、ボックなど、現在ドイツでのビール生産量の約8割を占める下面醗酵ビールは4〜7℃ぐらいの低温で醗酵させるのですが、中世のドイツでは当然のことながら冷却装置などなかったために「仕込みは冬期」と決まっていました。

冬場に山や湖から切り出した氷を醸造用に貯蔵し、なんとか3月までビールをつくっていたのですが、その氷の限界が3月で、3月といえば醸造シーズンの終わりを意味したのです。

特に3月に仕込まれたビールは、9月末までの夏の供給用のビールとなるため念入りにつくられ、高く評価されていました。これがメルツェン・ビールです。

メルツェン・ビールは貯蔵用ということでかなり高めのエキス濃度でつくられ、貯蔵庫のなかでじっくりと2次醗酵がおこなわれます。このため調和のとれた味となり、夏の終わりには貯蔵庫に残ったメルツェン・ビールは喉から手の出るようなプレミアムビールとなりました。

オクトーバーフエストでこのプレミアムビールをみんなで飲み干し、カラになった樽でまた新しいビールがつくられてゆきます。新酒造りのスタートです。

今回ご紹介するオクトーバーフェスト・ビアはメルツェンではなく、ヴァイス(小麦)ビアです。

1607年より醸造を続ける「シュナイダー醸造所」のオクトバーフエストビアです。

////////////////////////////////////////

シュナイダー・オクトーバーフェスト・ビア SCHNEIDER OKTOBERFEST BEER
シュナイダー オクトーバーフェスト・ビア

KEGでも安定した人気のヴァイス(小麦)ビール、「シュナイダー・ヴァイス」を醸造しているシュナイダー社のオクトーバーフェスト・ビアが入荷しました。

シュナイダー家は1607年よりヴァイスビールを醸造しているブルワリーで、バイエルン州南部にあります。創業期にはミュンヘンのホーフブロイハウス醸造所に間借りをしていましたが、後に独立して6世代にわたって醸造を続けているブルワリーです。

シュナイダー家は、最近までタールという名の通りで醸造を営んでいました。タール通りにある有名なシュナイダー・ビアホールでは今でもこの一家が造るビールを出していますが、現在の醸造はレーゲンスブルグに近いケールハイムで行なわれています。

現在は、KEGでも人気の「オリジナル・ヴァイス」をはじめ、「アヴェンテヌス」、「アヴェンテヌス・アイスボック」、「ヴァイツェン・ヘル」などの小麦のビールを造っています。

いずれのビールも評価は高く、世界的なビール評論家マイケル・ジャクソン氏の評価に於いても★★★か、あるいは最高位の★★★★の評価を得ています。

古くからヴァイスビールを専門に扱った、最も歴史のある醸造所と評価されているシュナイダー家の造るオクトーバーフェスト・ビア、是非飲みにいらしてください。     (^^)/~~~

#############################
THE FLYING KEG 新ネタ情報
----------------------------
phone (075)701-0245
http://keg.boo.jp/
##############################