the Flying Keg

FLYING KEG新ネタ情報Vol.28 2006/01/26
”スコットランド・エール & ブルタル ビター ”

こんにちは、KEGです。

今年初めての『新ネタ情報』の配信です。「本年も宜しくお願いします」って書いたら「ケッ! 今頃!!」って思われますかね?
でも、去年の『新ネタ情報』の第1号は4月だったので、それに比べると「なかなかイイ感じ」って思っているのですが… (^^;)

今回はスコットランド産の材料を100%使い、スコットランドの伝統的なビールの手法を復活させているブルース&スコット・ウイリアムズ(ウイリアムズ兄弟)が手掛けているビールと、アメリカのオレゴンで造られている苦〜いビールの御紹介です。

////////////////////////////////////////////////////

ファロック ヘザー エール


 Fraoch Heather Ale
  ファロック ヘザー エール

スコットランドではポピュラーな野生の花、ヒースをたっぷりと使ったビールです。
スコットランドの山々を温かい紫色で彩るヒースは、ホップが使用される以前から地元のビールの味付けに使われていました。
スコットランド産のモルトを100%使用したビールで明るい琥珀色をしており、花やリンゴのような香りとややオイリーな味わいでワインにも例えられる事のあるビールです。1996、1997年ワールド・ビバレッジ協会で金賞を受賞したビールです。




グロゼット グーズベリー エール


 Grozet Gooseberry Ale
  グロゼット グーズベリー エール

1600年代にスコットランドの修道院で造られていた製法を受け継いでいるこのビールは、小麦20%に大麦80%をブレンドして造られた麦汁に夏に収穫されたスコットランド産のグーズベリー(西洋すぐり)をたっぷりと加えて造られています。
フルーティーな味や香りを活かすため櫨過(ろか)がされていないビールで、その為やや濁りがあり炭酸ガスも少し強めです。
1996年に発売され、翌年1997年にワールド・ビア・チャンピオン・シップで銀賞を受賞したビールです。




アルバ パイン エール


 Alba Pine Ale
  アルバ パイン エール

アルバはゲール語でスコットランドを意味します。
このビールの特徴はホップが使われていないという事で、代わりに春に収穫したスプルース(エゾ松)とスギの葉や芽が使われています。
その為、ビールには松の香りとウッディーなフレーバーがあります。
ビールに松を使うという手法は1700年代にバイキングがスコットランドに紹介したもので、1800年代には長い航海に出た冒険家達が健康のために飲んだといわれています。




エビュラム エルダーベリー エール


 Ebulum Elderberry Ale
  エビュラム エルダーベリー エール

エビュラムは9世紀ごろにスコットランドで良く飲まれていたビールで、小麦とオート麦に秋に収穫したエルダーベリーを加えて醗酵させた黒ビールです。
日本ではニワトコとよばれるエルダーベリーは、身体に有用な力を持つ木としてスコットランドでは薬草的に使用されています。
ですから、ほのかに薬草風味があり、木の根や甘草、それにワインのような味にも感じます。 ローストしたオート麦の香ばしさとエルダーベリーのフルーティーな香りがする不思議なビールです。




/////////////////////////////////////////////////////////////////

少し以前からのお客様はご存知かとおもいますが、3年ほど前までオランダの「クリストッフエル」というビールをメニューに掲載しておりました。
このビールはホップの苦味が非常に強いビターなビールで、当店では人気がありましたが残念ながらインポーターの取り扱いがなくなり、現在当店の関知する限りでは輸入されていません。

他に苦いビールと言うと、ドイツの「イエーヴァー」が有名で日本にも輸入されていますが、このインポーターと当店は取引をしていない為、今の所KEGでは取り扱っておりません。

ですから、「苦いビールが飲みたい!」とオーダーを頂くとローストの強い色の黒いビールをおすすめしてきたのですが、今回久々に苦味の強いビールが入荷しました。

ブルタル ビター

 Brutal Bitter
  ブルタル ビター

1988年にアメリカ西海岸・オレゴン州のニューポートに開設されたマイクロ・ブルワリー「ローグ醸造所」で造られているビールです。
新鋭のブルワリーでありながら、少量生産の手作りビールとしてアメリカ国内はもとよりヨーロッパでも認知されているブルワリーで、色々な個性的なビールを10種類程醸造しているブルワリーですが、「グレイト・アメリカン・ビア・フェスティバル」でも多くのメダルを受賞しています。

その中で今回御紹介するのが「ブルタル ビター」です。

ブルタルビターとは直訳すると「残酷に苦い」となります。1996年に醸造が始まったビールで、イギリスのモルトとオレゴンのハラタウ種とカスケード種の交配によって出来たホップだけを使い醸造されるビールです。
ビールで苦さを表す数値としてBU(ビターユニット)という単位があるのですが、先ほど少しふれたドイツの「イエーヴァー」が42〜44BUであるのに対し、このブルタルビターは59UBというとても苦い数値のビールです。

     ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

 〜ちょっとしたお知らせ〜

上京区、荒神口近くのカフェ『SARASAかもがわ』で2月10日〜22日まで「コーヒーまつり」が行なわれます。
店長さん自らの焙煎した自慢のコーヒーが普段のラインナップより多く楽しめます。
コーヒー豆はテイクアウトも可能なので、気に入った味のものがあれば買って帰るのもイイですね。 ちなみに、私は最近ずっとここで豆を買って自分で愉しんでいます。
まぁ、お店で飲ましてもらう物ほど上手くは入れられないのですが、ちょっとしたお湯の温度や豆の挽き具合で随分と味が変わり、なかなか奥が深くてたのしいですよ。

   * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

#############################
THE FLYING KEG 新ネタ情報
----------------------------
phone (075)701-0245
http://keg.boo.jp/
##############################