the Flying Keg

FLYING KEG新ネタ情報Vol.39 2008/07/17
"地中海マルタ島のビール"

 暑中お見舞い申し上げます

こんにちは、KEGです。祇園祭宵山の7月16日、京都も梅雨明けしました。

20代中頃までは、「やった〜っ、ツユアケ〜 o(^v^)o 」とワクワクもので、休みの大抵を琵琶湖の浜辺で過ごしていましたが、今では「あ〜っ また暑い夏が来やがった、ゲロッ」ってな感じで、めっきり暑さに弱くなりました。 (;_;)

今回は、真夏の『新ネタ』ということで、避暑の思いもこめて地中海に浮かぶ島マルタのビールを御紹介します。

マルタは地中海の中央部、イタリアのシチリア島の南約93Kmに位置する共和国です。主要な島はマルタ島とゴゾ島、コミノ島の三つで、面積は3つの島を合わせて334平方キロメートル。私がこよなくお世話になった琵琶湖が670キロ平方メートルなのでちょうど半分の大きさです。

地形は低い丘陵や台地が多く、一番高い所で標高253メートル。
「海岸沿いのいりくんだ入り江は美しい港の景観を創りだし、密集した人家の風景は高台のある丘が特徴的である…」って観光案内に書かれていました。

首都はバレッタ。マルタ島の北部にあります。

公用語は、マルタ語と英語。また、イタリアから近いため、イタリア語もそこそこ通じるそうです。

気候は地中海性気候のため季節は2つしかなく、冬季は温暖で雨が多く、夏季は暑く乾燥するそうです。
とりあえず年中温和で、そこそこの温度差と雨季、乾季で季節を分けているといったとこでしょうか。

冬は乾燥して静電気バチバチの底冷え、夏はムシムシで高温、町全体がサウナ状態の京都からすると夢のような国です。

ただ、春とはまだ呼べない晩冬、ちょっと薄着になれる日和。まだまだ昼間は夏と何ら変わらないものの夜はそこそこ過ごし易くなり、ちょっとした雑草の間から聞こえる虫の音… 厳しい寒さの冬、過酷な暑さの夏、「やっと終わる〜」って喜びが無いのはちょっと寂しいかも。
春の桜、晩秋の紅葉を目的に多くの観光客が訪れる町に育った京都者にとっては。

あと、わんこ好きの方ならご存知かも知れませんが、マルチーズはマルタが発祥だそうです。 

(((((((((( NEW BEER )))))))))

チスク エキストラストロング
 CISK XS
  チスク エキストラストロング

色はピルスナーとさほど変わらないですが、飲むとやや甘味を感じ、その後にかなりアルコールを自覚します。

アルコール度数は9%で、ベルギーを初めとしたヨーロッパのエールと比べれば極端に度数が高い訳ではないですが、クリスタルなラガータイプとしてはとても高アルコールなビールです。

チスク醸造所は1928年に創業したブルワリーで、メイン商品はアルコール度数5%のプレミアムラガー。 このビールは2002年のワールドビアカップで金賞を受賞したビールです。

//////////////////////////////////////

<< お知らせ >>

メディアで大きく報じられ、ご存知の方も多いと思いますが、世界第2位の醸造会社ベルギーの「インベブ」が第3位のアメリカのアンハイザーブッシュ(バドワイザー)を吸収合併しました。

これに伴い生産量は世界第1位となり、シェア率は世界のビールの25%になります。

今までチェコのバドバーや、ベルギーのデュビソン醸造所に不愉快な圧力を掛けてきたアンハイザーブッシュ社は、吸収合併を逃れる為にメキシコのモデロ社(コロナ)を吸収合併しょうとしましたが間に合いませんでした。

#############################
THE FLYING KEG 新ネタ情報
----------------------------
phone (075)701-0245
http://keg.boo.jp/
##############################